2018年02月10日

NTTドコモ、格安スマホ対抗へ「第3の矢」

1: ノチラ ★ 2018/02/05(月) 13:07:39.08 ID:CAP_USER.net

携帯電話業界の顧客争奪戦が活発になっている。ソフトバンクとKDDIが積極的な販促活動を仕掛けているだけでなく、2社傘下の格安スマートフォン(スマホ)ブランド、ワイモバイルとUQモバイルも攻勢をかける。標的になっているNTTドコモは、草刈り場になるのを避けようと対策に余念がない。今年は割安料金プラン、共通ポイントサービスに続く「第3の矢」を開始し、顧客流出を食い止める考えだ。

 NTTドコモはこれま…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26477680S8A200C1000000/


>>1の続き
 NTTドコモはこれまで、格安スマホの台頭などに対応するため、2つの施策を用意していた。

 1つは、実質的な値下げ。昨年5月に月980円で家族間通話が無料の「シンプルプラン」と、
月30ギガ(ギガは10億)バイトまでのデータを家族で分け合える「ウルトラシェアパック30」を開始。
同6月には、長期契約者の料金を月1500円割り引く「ドコモウィズ」を加えた。
2つめは共通ポイントサービスの「dポイント」だ。携帯電話料金などの支払額に応じて付与し、
ユーザーは1ポイント=1円で買い物などに使うことができる。昨年はポイント付与率が通常の10倍になるクレジットカード
「dカードGOLD」の契約をユーザーに促し、付与ポイントを増やした。

 他の施策も合わせると値下げは2018年3月期の営業利益を500億円ほど押し下げる要因になりそう。
dポイントも今期は関連費用が1000億円を超える見込みで、コスト負担は小さくない。それでも、
今期の連結営業利益は9600億円と前期比2%増を見込む。コストの増加より顧客流出防止の効果のほうが大きいのだ。


>>12の続き
 ところが、現場には弊害も出てきた。料金プランやサービスが複雑になり、
ドコモショップの店頭でスタッフが対応しきれなくなっているのだ。
一人ひとりのユーザーに丁寧に説明すれば応対時間が長くなり、待ち時間も増える。

 放置すれば、待ち時間の長さや店頭の混雑を嫌った顧客が他社に流れる事態になりかねない。
そこでNTTドコモは今年、現場対策に乗り出す。

 まずはオンライン店舗「ドコモオンラインショップ」を強化する。業界関係者によると、
携帯端末の総販売数に占めるオンライン経由の割合は現在3%程度。
ドコモはウェブ画面を分かりやすく作り替えるなどで、2020年に2〜3割に引き上げる計画という。
同時に、ドコモショップを運営する代理店の採用も支援する。全国の代理店約400社の賛同を得て、
3月以降に就職情報サイトに特設ページを掲載。ドコモショップグループとして一括でスタッフを募集する。
全国主要都市でインターンシップも予定する。顧客の一部をリアル店舗からネットに流し、店舗の人員を充実させて混雑に対応する狙いだ。

 ドコモショップは、端末の使い方を教えてもらうために来店する顧客も多い。
これまでは契約などと同じ窓口で対応してきたが、今年はこうした顧客専用の「受け皿」も拡充した。
1月からは約2300の全店舗で、スマホの使い方を教える「ドコモスマホ教室」を開いている。
多い店では週3日以上のペースだという。2月からは交流サイトや、
悪質なサイトへの接続を制限するフィルタリング機能の適切な利用を促す青少年・保護者向けの教室も始めた。>>12


>>15の続き
 一連の現場対策について、SMBC日興証券の菊池悟氏は「どれも現場の改善に必要だ。
従来型携帯からスマホへの買い替えを促し、長い目で見た収益押し上げにつながる」と評価する。

 国内携帯市場は飽和状態だ。もともとシェアの高かったNTTドコモはなおさら成長余地が乏しく、
過去5年間の株価上昇率はKDDIやソフトバンクグループを下回る。
それでもNTTドコモの株価が5年で約2倍になったのは、ユーザーを囲い込んで他の携帯キャリアへの流出を抑え、
そこから得るキャッシュフローで積極的な配当、自社株買いを進めてきたことが大きい。
他社の攻勢が強まって株価が軟調になった時は顧客維持の施策を打ち出し、株価の底割れを防いできた。

 楽天が昨年12月に自前で設備や回線を持って携帯事業に参入すると発表して以降は、
NTTドコモの株価はさえない展開が続いている。株価は底割れを防げるか、それとも一段と水準を切り下げてしまうのか。
第3の矢の成否が株価の行方を左右しそうだ。


3: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:13:51.52 ID:QK0kzGg1.net

記事がわからん


4: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:15:07.27 ID:Ao03aybd.net

大手キャリアは総務省の天下りがいる
それは取締役だけでなく管理職にもいる
パチンコと変わらない


5: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:18:40.77 ID:SiPhMGCt.net

対抗も何も回線貸出でもうかっとるやろ


6: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:19:22.98 ID:bg8yCtLR.net

MVNOでいいと思う


7: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:20:26.24 ID:sJok2Pdv.net

ドコモはサブブランド作るわけにもいかんだろうから苦しい所だな


>>7
作ってもええけどな

ワイモバイル、ユーキューに続く道を
ソッコー乗り換えるけど


>>7
実質OCNのMVNOがサブブランドみたいなもんだから...

光回線IPSがバックボーンのMVNOは光とセットで割引とかで売り込んでるから、NTTは二重三重で美味しい


>>11
まあNTT全体としてはそれでいいんだけどな
MVNOも殆んどがドコモ回線使用だから損はしてないんだろうが
ドコモとしちゃあ直のシェアあまり落としたくもないだろう


9: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:23:12.26 ID:5QtSbB+q.net

10年目のガラケーでも大目に見てよ♪


13: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:25:39.98 ID:C2wD3SEj.net

ドコモは総務省を抱え込んでるからな
他社に出来ない事が出来る


14: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:25:50.74 ID:6T0npL/V.net

ポイントばらまきをもっと頑張っていただきたい


19: 名刺は切らしておりまして 2018/02/05(月) 13:32:24.83 ID:8mG8402c.net

>携帯端末の総販売数に占めるオンライン経由の割合は現在3%程度。

こんなに少ないとは…。


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1517803659/
posted by 捗るぞ at 17:00 | Comment(0) | docomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: